"究極の自作スピーカー追求道"新作BH

昨日は、”究極の自作スピーカー追求道http://www.diyloudspeakers.jp/)”の大山美樹音さんが、新作BHを持って、遊びに来てくれました。この作品は、出来立てのホヤホヤだそうです!
画像


ロシア製バーチ合板で組まれたエンクロージャーはいかにも頑丈そうで、デザインもシンプルながら、バッフル下の部分にはRを持たせており、プロの拘りを感じます。
画像


サイズはD‐100より少し大柄。こんな狭い部屋で、本当に申し訳ないです・・・うちの唯一の利点は、日頃からSPを取っ換え引っ換えしている環境なので、一応ベストポジションに設置して聴くことが出来るということくらいかな?(不動のメインが無いってことですが・・・汗)
画像



ということで、設置後すぐに測定・・・スイープ信号の音色が、今まで聴いたことのない程まろやかに聴こえます。信号音で先制パンチを食らうとは、思ってもみませんでした!(ワンパンチでノックアウトか!?)

いよいよ試聴・・・


デッドスペース以外には、吸音材をまだ入れていないということなので、実質吸音材ゼロ状態での試聴です。

流石に組み上げたばかりで、吸音材もゼロなので、ホーンの癖はゼロではありませんが、やはり信号音どおり、とてもいい感じで、私好みの傾向です!(カウント8でかろうじて立つ・・・しかしフラフラ)

中域には強い突っ張り感が無く、かといって弱々しくも無く、強力ユニットのスピード感と強さを伴いながら、FE108EΣがあれほどおおらかに、滑らかに、優しく鳴るのを、私は始めて聴きました。ここまで暖かでスピードもある中域が出てくるとは驚きであり、また不思議でもありました!ロシア製バーチ合板の影響も大きいのでしょうか??(ジャブの連打を浴びる!)

低域はどっしりとして馬力があり、大物BHの風格充分!!(ボディーブローに一撃♪♪~)
超低域が必要な音楽以外では、まず不足感は出てこないでしょう。

高域は、ツーイーターを好みで追加しても面白そうですが、ここで完結させても、充分に魅力的な音です。(アッパーが顎にカスル!高等技術!)

先に書いたとおり、組み上げたばかり+吸音材ゼロなので、ホーンの癖はまだ中域以下に残っていますが、この音の方向で調整を進めて完成度を高めれば、最上等なBHになること間違いなし!

私には到底このような素晴らしい作品を作る腕は無く、自分のことを棚に上げての、かなり厳しい注文をさせていただきましたが、これは大山さんの志の高さを感じたからこそであります!

狭い部屋でも聴ける、本格的・大型(一般的には中型?)BHの完成を楽しみにしています!(これは極めて個人的な希望かな・・結局CD3枚でKOされました~)

オーディオスクェア相模原店”夏休み特別企画スピーカー工作試聴会”

今回も、浅生氏所有の稀少なソフト+裏話で、楽しいイベントでした!


画像

↑Stereo誌7月号で発表された、浅生氏設計のAS1016HR。
Stereo誌の”スピーカー競作2009”では、MG100HRにツーイーターは必要か否かで、チョッとした議論になったとか・・・で、実際に足してみると、『やっぱりあったほうがいい』という意見で概ね落ち着いたようです(一人だけ反対意見があったとか)。


画像

↑F87・1スタンド4(長岡SP)
TV局に貸し出したところ、ボロボロになって帰ってきたとか・・・・かわいそうに。
私も以前TV局から貸し出しの件?で電話をいただきましたが、貸さなくて正解だったかも。同じ番組のようでしたから・・・。
FW168”N”から”HR”への交換試聴もできました!FW168HRは、このくらいの容積の箱で鳴らすといい感じですね!

画像

↑F112・1(長岡SP)
”トーンゾイレ”は、メーカーが商標登録した言葉とか(へ~)。正しい呼び方は○○(忘れた)らしいです。

画像

↑R2・1(長岡SP)
元々の設計ではコーラルとテクニクスのユニットの組み合わせでしたが、Fostexで統一したバージョン。

オーディオスクエア相模原店”ミッチェルエンジニアリングのターンテーブル試聴会”

画像

画像

画像


<使用機材>
レコードプレーヤー:Michell Engineering「OrbeSe/UNV2」
カートリッジ:マイソニックラボ「HYPER-EMINENT」
プリアンプ:A&M「ATC-1」
パワーアンプ:A&M「ATM-1」
スピーカー:ProAc「ST-140/ST-100/TR-8」& CERWIN-VEGA!「VE-8」

本日の試聴会はCDなしの全てレコードで行われました。

カートリッジはマイソニックラボの「HYPER-EMINENT」。モノラル盤には”solo”。

音はスピーカーから出てくるものですから、このカートリッジの音はこうとか、このアンプの音はこうなどと、決め付けることなど出来ません。

試聴レコードのほとんどが古い録音の物でしたが、音楽ジャンルの偏りが無く、アナログの面白さをアピールしたイベントでした。

特に同じタイトルのレコードで、マスターテープ無加工盤と、そうでない盤との聴き比べは、音の違いがはっきりと出ており、勉強になりました。


オーディオスクエア相模原店のイベント案内はこちら↓(要予約です)。
急な用事などで行けない時は、ネットできっちりキャンセル連絡をしましょう。

http://www.audio-square.com/modules/eguide/index.php?cat=3

オーディオスクエア相模原店 ”FW168HR”を聴く!

画像


<使用機材>
スピーカー:フォステクス ユニット/FW168HR(標準価格:20,790円)
CDプレーヤー:SOULNOTE/ cd1.0(標準価格:357,000円)
モニターアンプ:SOULNOTE/ ma1.0(標準価格:357,000円)

<試聴SP>
●Fostex オリジナル2ウェイ
●モアイ13cmヴァージョンを「FW168HR」にグレードアップしたシステム
●浅生氏設計SP

今回は2列目での試聴でした。

・Fostex オリジナル2ウェイ

コンパクトサイズながら、FW168HRの特徴が一番素直に出ていたと思います。

小型ですので、後から聴いた2種のシステムより腰高なのは仕方ないですが、それでも市販コンパクト2ウェイでは聴いた事が無いほどに反応が早くて、マッチョな低域でした。

このシステムはアッテネーターが付いているようですので、好みでツーイーターのレベルが変えられるのもうれしい設計です。


・モアイ13cmヴァージョンを「FW168HR」にグレードアップしたシステム

金管楽器が耳にきつい印象でしたが、FE138ES-Rの影響でしょうか?しかし軽くて伸び伸びとした中域は、やはりFEサウンド!

低域は素直に良く伸びていましたが、中低域はむしろ初めに聴いたオリジナル2ウェイの方が厚みがありました。

上の箱だけでも鳴らしてくれましたが、意外にマトモなバランスでビックリ!


・浅生氏設計SP

低域のブーストを狙った設計(チョットやりすぎ?)で、今回の中では最もウォームな音でした。


今回は浅生さんのサービス精神旺盛なイベントで、それぞれの作品の音を楽しむことが出来、また、FW168HRは、瞬発力があり、筋肉質で重量感のある低音が出せることが分かりました。


FW168HRはハイCPです!

オーディオスクエア相模原店 ELAC 310CE/330CE 試聴会

画像

画像



<使用機材>
スピーカー: ELAC 310CE 定価:199.500円/ELAC 330CE 定価:588,000円

CDプレーヤー:TRIGON / TR-CD2   定価:430.500円
アナログプレーヤー:ACOUSTIC SOLID /SOLID CLASSIC WOOD 定価:304,500円
プリアンプ:NUFORCE / P8-S 定価:225,750円
パワーアンプ:NUFORCE / STEREO 8.5V2 定価:299,250円(ペア)
ラック:QUADRASPIRE / Q4D 定価:102,900円

2機種共に中高域の繋がりが良く、クリアで高品位な音質は、まさにエラック・サウンド

2列目での試聴の所為か(L側ほとんど軸上で聴いていました)、エネルギーバランスは、やや中高域寄りのように感じましたが、低域はサイズ以上のスケールがありました。

カートリッジにBenz MicroのGLIDER SLを使用したアナログ再生も、高分解能で切れが良く、馬力も感じられ、非常に好印象でした。

オーディオスクェア相模原店 ソナスファベール ストラディバリ・オマージュ試聴会

画像



全帯域の音色の統一感は、少なくともフェイズプラグ付きのフルレンジ以上と感じます。どうしたらこんなに各ユニットがうまく繋がるのでしょ??

低域の量感、押し出しの力強さ、広がり、余韻・・・このストラディバリ・オマージュで聴くクラシックは最高!

アンプもいいのでしょー。軽々と鳴っていました。

日本のハイファイもいいですが、音楽的表現が豊かなソナスファベールもいいですね!